夏休み宿題ポスター交通安全・選挙・海・絵が苦手でも上手に書けるコツ!

小学生、中学生の夏休み宿題の定番にポスターがありますよね。ポスターの内容は、交通安全や選挙、海、人権問題など複数あり自分で好きなポスターを選んで書くのが一般的です。

絵が苦手な子や一年生は、さあ、夏休み宿題のポスターを書こう!と思っても何から書いていいか迷って書けない。

なんて事もありますよね。

夏休み宿題ポスターを絵が苦手な子でも書けるコツを紹介していきますね。

シゼコン自然科学観察コンクールの努力賞とは?小学生どこまで親が関わるべき?
小学生【自由研究・工作】100均材料でリニアモーターカー動画あり
小学生100均で出来る【自由研究】ホバークラフトのしくみをしろう!(低学年から)

ポスターの役割とは?

最初に夏休みの宿題としてあるポスターは何の為に書くのか少し考えてみますね。

ポスターの役割は、数メートル離れた所から見てもメッセージを受け取れることだと思います。

  • 書いてある文字が読みやすく分かりやすい。
  • イラストにメッセージ性がある。
  • 心に残ること。

普段、道を歩いていて必ず目にするポスター違和感はなくても毎日目にすることで記憶に刻まれていきます。

ポスターの役割を意識すると絵を上手に書かなくては!よりはテーマと構成を意識して書くのが大事!なのが分かりますね。

ポスターは、絵の苦手な子どもにもおススメな夏休みの宿題かと思います。

過去の入賞作品や良く書けている作品を見て書き方の参考にしていきます。

夏休みの宿題:交通安全ポスター

ポスター用の絵具を使った方が、色がはっきり出ますし色が混ざらいので綺麗に仕上がりますね。

 

夏休みの宿題:人権問題のポスター


など、構図や文字の配置など参考になります。

どのポスターも「文字がはっきりと目立って」いますよね。

ポスターは、「文字が、遠くから読める」が大事!になります。

上手に描く事だけが、評価される訳ではないポスターは普段から

「絵を書くのが、苦手!」

という子供にもオススメなんです。

夏休み宿題:ポスターの書き方

1.テーマを決める

人権問題・選挙・海・下水道週間・交通安全など何を訴えたいのかな?と考えて決めてみましょう。

2.書く文字を決める

キャッチコピーのように考えるといいですよね。

CMや見の周りのポスターや雑誌も参考になります。

ポスターの文字は、長すぎずにインパクトがある言葉がいいですよね。

「ゴミと笑顔を持ち帰ろう」

「ヘルメット私の大事なお友達」(交通安全)

「水を大切に」(下水道週間)

「未来へ届けこの一票」(選挙ポスター)

3.レイアウトを決める

レイアウトも夏休みの過去入賞作品ポスターが参考になります。

●鹿児島市人権問題ポスターコンクール入賞作品

参考:https://www.pref.kagoshima.jp/ab16/kurashi-kankyo/jinken/jinkenkeihatu/jinkenposter.html

●明るい選挙東京都入賞作品

参考:http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/vote/poster/poster2015-garally/

例えば選挙ポスターの構図で「海」を綺麗のポスターの構図の参考にしてもいいですね。

レイアウトが決まったら、鉛筆で下書をしていきます。

「手」「頭」など一部を強調して書くのも良いですね。書きたい場所・風景を写真に撮っておくのも準備作業としてオススメです。

下書きは、薄い線でザックリとここまで出来たら8割完成!

これなら、何とか絵が苦手な子供でも書けそうじゃないでしょうか?

後は、仕上げていくだけです。

文字が、絵具でにじむのが心配な場合は「クレヨン」で外枠を書く手もあります。

夏休みの宿題「ポスター」の参考になれば嬉しいです。