仕事を辞めて専業主婦に後悔する・しない?妻・夫側の意見も紹介!


働きながら家事育児をやっていると、誰しも一度は思うのではないでしょうか。専業主婦になりたいという理由は、身体的に大変というだけではなく、「もっと子どもと関わりたい」など専業主婦になりたい理由はさまざまだと思います。

最近の風潮で「専業主婦こそ勝ち組」なんて文字を見て、とりあえず専業主婦に憧れてみたりなんてこともあるかもしれません。

 

わたし自身は、子どもが小さい頃はフルタイム勤務でしたが、育児との両立で体調を崩して専業主婦になった経緯があります。

子どもがまだ小さかったもう10年くらい前の話です。当時はとにかく体だけではなく精神的にもボロボロで、忙しくて当時の記憶がほとんどないような状態です。

昼間は仕事、帰宅すれば育児。それはもう寝る間もありませんし、子どもが体調を崩せば仕事は休まなければなりません。同僚からのチクチクした視線にも参っていました。

産休・育休後に復職せずに退職を決めたらやるべきこと。退職したママの声を紹介
育休あけ復帰したくない!気持ちの乗り越え方は?

いつしか「仕事を辞めたい」「専業主婦になりたい」としか考えらなくなって、特に旦那と話し合うこともなく退職を決めて専業主婦になりました。

 

それから10年。あの時専業主婦を選んで正解だったのか? 育児にも少し余裕が出てきた今専業主婦になったことを色々と考えることがあります。私は子どものPTA活動などにも積極的に関わってきたので、専業主婦の知り合いも多いです。そんな友人たちとも「専業主婦になってよかった?」という話をすることもあるので、専業主婦になってよかった?悪かった?10年経った今だからこそ思うことをまとめてみようと思います。





専業主婦になって後悔していること

フルタイム勤務を辞め専業主婦になった方たちと話していると、専業主婦になった後悔してる~という話にもなります。その中で後悔している理由で一番よく聞く話はこれ。

「働きたいのにレジ打ちのようなパートしかない!」

 

当たり前ですが、フルタイム勤務時代の経験を活かした仕事にまた就きたいなんて思っても年齢的にほぼ無理です。小学生の頃は専業主婦でも経済的に大丈夫だったのに、子どもが中学生くらいになるとのしかかってくるのが教育費です。

子どもの教育費のために働こうと思う方も多いですが、いざそうなった時にある仕事は時給1,000円のパートくらいです。フルタイムで働いていた時はもっとやりがいがある仕事だったし、お給料もよくてボーナスももらえてたのに・・・。それこそ後悔先立たずで、よっぽど使える資格などがない限り、昔のような条件で働けるということはまずありません。

 

このように経済的な意味で後悔しているという話はよく聞きます。フルタイム勤務は大変ですが、夫婦共働きは経済的には恵まれているのも事実。「あそこのお宅は共働きだから、毎年海外旅行に行けていて羨ましい」なんて専業主婦仲間の間ではよく出る話題です。

 

また、子どもが保育園くらいだと仕事と育児の両立は大変です。ですが子どもが小学生高学年にもなると一気に親の手を離れてくるので、逆に専業主婦だと時間を持て余してしまう場合があります。この頃になるとパートなどをする専業主婦の方も多くなってくるため、日中遊ぶお友達もいなくて「やることない」状態。仕事をしている友達がキラキラ輝いて見えて「私は何やってるんだろ」という虚無感に襲われることも。

よく聞く話ですが、専業主婦になりいつも家にいると社会から隔絶されているように感じて鬱のような状態になってしまった友人もいます。




専業主婦になってよかったこと

専業主婦になって後悔していることばかり書いてしまいましたが、もちろん専業主婦になって良かったと思うこともあります。私の場合は、一番良かったのは子どもの成長をだれよりも間近で見ることができたことです。

子どもはいつかは巣立ちます。子供が親の手もとにいる期間なんてごくわずかで、その貴重な時間を子どもと共に過ごせたことは自分にとっても良い経験になりました。

あとは私は育児を楽しめるタイプだったのもありますが、時間をある程度自由に使えるのも専業主婦の良いところ。私は身体が強い方ではなかったので、自分のペースで育児家事を出来るというのは大きいメリットです。

我が家の場合は、主人のお弁当作りや朝駅まで送迎したりと主人のサポートができるのも良かったところかなと。あとは専業主婦の中には、そもそも働くのが嫌いというタイプ(笑)の方も一定数います。

▶▶▶共働き貯金出来ないの対処法・子供2人の場合は?

専業主婦に対する旦那さんたちの実際の反応

もう一点専業主婦友達の中でよく話題になるのが、専業主婦である妻に対する旦那さんたちの反応です。

「今でも働け働けってうるさい」「うちの旦那は専業主婦になって欲しかったみたい」「うちはどちらでもっていう反応」「うちは激務だったから、現実問題育児のために私が仕事を辞めざるを得なかった」

ご家庭によってご主人の反応もさまざま。ですが、共働きか専業主婦かで最も問題になってくるのが金銭面ではないでしょうか。専業主婦になる際に金銭面に関してきちんと話をできているご家庭の方が「妻が専業主婦」という状況でうまくいっているように思います。

 

特に育児中ってママは懸命で周りが見えなくなる時期。精神的にも振れ幅が大きいので、勢いにまかせて専業主婦にという場合はあとあと問題も生じてくる気がします。そのため、妻が専業主婦になりたいと言い出した時は、今後の資金計画をお二人で考えてみるのがおススメです。

 

友人の話ですが、育児と仕事の両立で大変で専業主婦になろうと思ったけれど、旦那が作った今後のライフプランを見て・・・専業主婦になるのは思いとどまったという人がいます。彼女は、子供が保育園の時は大変だったけれど、子どもが中学生くらいになると子どもも手がかからなくなって、今は仕事が生きがいと言っていました。

私は後先考えずに辞表を出したタイプでしたが、その後私が専業主婦のままだと子どもを大学まで進学させられないことに気付いて結局仕事に復帰することになったという経緯があります。幸い私は医療系の資格を持っていたので復帰は難しくありませんでしたが、この資格がなければどうなっていたのだろうと怖くなることも。

 

ただ現実として、「仕事辞めていいよ」ときっぱり言ってくれて、かつお金にも困らないというご家庭もあります。主婦の間ではまさに勝ち組で、そんな旦那さんは主婦の間でも「素敵な旦那さん!」と憧れの眼差しで見られているのは本当です(笑)

 

仕事を辞めるか迷っている方に

仕事を辞めるか迷っている方多いと思います。わたしは辞めて専業主婦になった側ですが、専業主婦になったからといって全てがハッピーとはいきません。(経済的に困ってなければ別です)

専業主婦になることにメリットもありますが、デメリットもあることは心に留めておいた方がいいと思います。特に育児が原因で専業主婦になりたいと思っている方、子どもは必ず成長します。今のままずっと手がかかる赤ちゃんではないので、子どもが成長した時のことも少し考えておくと冷静になれるかもしれません。

結局はどちらにせよ、夫婦2人が後悔しない道を選ぶことが一番。納得するまで話して、特に経済的な面は、あとあと「こんなはずじゃなかった」にならないようにするのが重要です。

共働きと専業主婦両方を体験した私の意見としては、結局はどちらもメリットデメリットがあり。そのため家族がより円満に生活できる方を選択する!これも1つの選択肢としておススメです。

▶学童に行きたくない!と言われたらどうする?

退職を決めたら▶退職願いつまでに出す?法律を確認・転職したい場合・引継ぎ期間は?