ロボット教室体験談と小学生の習い事


  • 旅お出かけ

スポンサーリンク

豊島園・西武園プールの混雑を避けるならどっち?割引チケット情報2017も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊島園・西武園プール・混雑・2017年

夏休みになると海でなくてもプールぐらいは行きたい!
土日は、混雑すると思いつつ夏はプール楽しみたいですよね。

アクセスも良く人気のある豊島園プール・西武園プールがいつから開始?なのか営業開始の日程や
料金・割引クーポン情報など「豊島園のプール・西武園プール」どちらに行こうかな?と思っている方にも参考になるような情報を紹介していきますね。

〇豊島園・西武園プール2017年はいつから?

豊島園プールは、2017年7月1日(土)
西武園プールは、2017年7月8日(土)営業開始予定です。

西武園は昨年7月最初の土曜日営業開始ですが、2017年は西武園遊園地でおきた火災の影響でしょうか?
7月8日(土)営業開始予定となっていました。

6月後半には、2017年のプールオープンの正式な情報が出てくると思いますのでまた更新しますね。

次は、豊島園プールチケット料金。西武園プールのチケット料金を紹介していきますね。




〇豊島園・西武園プールのチケット料金比較

豊島園・西武園プール・混雑・2017年

豊島園も西武園もプールだけではなく遊園地があり入園料。乗り物券つきの料金といろいろありますが
比較しやすいように入園料+プール料金で比較してみますね。
*2016年度の料金を参考にしています。

・豊島園プールチケット料金

大人 子供(110㎝以上)  子供(110㎝未満)
4,000円 3,000円 2,000円

*豊島園プール料金の子供が110㎝で分かれているのは、豊島園プールの中でも大人気の「ハイドロポリス」の利用が110㎝以上となっているからかな?と思います。

・西武園プール チケット料金

大人(中学生以上) 子供(3歳~小学生)
2,400円 1,300円

豊島園プールも西武園プールでもチケット料金がかかるのは、3歳以上となります。

次は、豊島園・西武園プールの割引チケット情報を紹介していきますね。

〇豊島園プールチケット割引券

豊島園プール料金。高めですよね。少しでも割引がないかと調べると一番簡単なのは、豊島園のメール会員になる方法でした。
早速、メール会員に登録して届いた割引チケットはこちら↓

豊島園・西武園プール・混雑・2017年

月に1度届く豊島園情報メールの中に割引クーポンがあります。豊島園プールを利用するなら前月には登録しておくと良いですね。
割引クーポンは、スマホかタブレットの画面かプリントして持参する必要があります。

〇西武園プールチケット割引券クーポン情報は?

西武園ゆうえんちとプールセットで行くなら、最大400円割引のワンデーフリーチケットの前売りを購入するのがおススメです。
事前にチケットを購入することで混雑を避けられますしね。

混雑を避ける為には事前購入しておきたいですね。
西武園プールに電車で行くなら割引チケット「プールトクトクパス」があります。(2016年情報)

・西武線の一日フリー乗車券とプール入場料+遊園地入園料+アトラクション2回利用

チケット料金

大人(中学生以上) 子供(小学生)
2,500円 1,400円

*「プールトクトクパス」チケットは、西武鉄道各駅で購入できます。

・西武園プール車で行く場合の混雑は?

西武ドームに行くときと同様に西武園プールに車で行く場合は、西武園プール周辺は夏休み中の土日に混雑します。
開園時間前に到着するくらい時間に余裕を見て出発すると良いですね。

西武ドームアクセスで車の混雑を避けるには?駐車場とグルメおすすめ情報も!
小学生の子どもと西武ドーム(メットライフドーム)に野球観戦に行ってきました。 久しぶりに近くで見る野球はとっても楽しく盛り...

〇豊島園プール・西武園プールどっちがおすすめ?

豊島園・西武園プール・混雑・2017年

豊島園のプールも西武園プールどちらも人気がありますがそれぞれのプールどんな方におすすめなのかを紹介していきますね。

・豊島園プールの魅力は?

豊島園プールの魅力は、都心からのアクセスの良さとなんといってもスライダーが充実していること。
なかでも「ハイドロポリス」は人気があり夏休み中は、長蛇の列で1時間待ち以上になっています。
アクティブにプールを楽しみたい人には豊島園プールがおすすめです。

ただ混雑もすごいため有料席も8月土日は朝一で行っても売り切れ!なんてことも

ですので、小さいお子さんがいるご家族などは西武園プールの方がテントの場所とりもしやすく良いかなと思います。
豊島園プールに混雑を避けていくなら、7月の上旬平日がおススメです。

・西武園プールの魅力は?

ウォータースライダーというと豊島園の方が有名ですが、西武園プールにも波のプールだけではなくこともプールはもちろん
浮き輪に乗ってすべるウォータースライダーがあります。(身長120㎝以上)

17時以降はナイトプールも開催しているので昼間とは違った雰囲気のプールを楽しむも良いですね。
日焼けを気にしなくていいのも女性には魅力ですね。
*西武園プールは、17時以降は保護者の同伴なしに利用できません(中学生以下の場合)

〇豊島園プール・西武園プール混雑を避ける方法は?

なるべく混雑を避けていきたいけど、どうしても混雑してしまう夏休みの土日にしかプールに行けない・・・なら
やはり朝は早目に出て開園前に着くのがおすすめです。その際にチケットは事前購入します。

テントなど日陰で場所取りをしたいなら水着を着ていくのも着替える時間の短縮になりますね。更衣室も特に女性は混雑します。

「浮き輪」の空気入れは、豊島園・西武園でもありますが混雑時は特に朝並びます。手持ちの空気入れがあれば持参するのも良いですね。

早目にプールに入場しお昼ご飯も11時頃に買いましょう。
売店も混雑する前にお昼を購入出来るとプールで遊ぶ時間が増えますね。

入場時だけでなく混雑するのは帰りも一緒。15時頃から更衣室や車の渋滞が始まります。
帰りの時間も早めにする混雑が落ち着いてから帰るなど少し時間をずらすと混雑を避けることが出来ますね。

気になる日焼け対策は「顔」だけなく頭皮や忘れがちが「首」も日焼けしやすいところ。また首元が冷えていると熱中症対策になります。
水で濡らしたタオルをきつく絞って首に巻いておくのも良いですね。(見た目はイマイチかもしれないですけど)

飲む日焼け止め日本製POLAを選んだ理由!24時間持続?副作用は?
「飲む日焼け止め」「美容系サプリ」ここ数年増えてきましたね。 友人がマリンスポーツをするわりに「日焼け」していなくて ...

スポンサーリンク



Pagetop