RISU(りす算数)の評判を紹介!料金や解約についてと他の教材との違いは?




小学生用・幼児用の学習教材って、沢山あり迷いますよね。

小学生の算数は得意・不得意が、分かれやすい教科になりますよね。算数でつまづいた箇所があると苦手意識がついてしまい、算数嫌い!となってしまったり、算数が得意なお子さんに関しては、学校レベルの算数テストでは物足りない!なんてお子さんもいると思います。そんな悩みがあるお子さんにオススメな教材「RISU(リス)」があります。

今回は、算数に特化したタブレット教材「RISU(リス)算数」について、特徴や評判・口コミ・体験談・料金などを詳しく紹介していきますね。

*2018年RISU利用料金が改定されましたので、追記しています。*当サイトからの限定キャンペーンコード情報を最後に記載しています。

RISU算数のタブレットの特徴は?

RISUのタブレット教材は、算数に特化した学習教材で学年に関係なく出来るところから無学年式で学ぶことができます。RISU算数は、専用タブレットで学習するのですが、なんとタブレット費用は無料!RISU算数の料金は、後で記載していますので月額料金と合わせて確認ください。

無学年式で学べる算数というと「公文」の算数が、有名ですがタブレット学べる点・有名大学生の個別動画フォローがある点が、特徴になります。

RISU算数教材のはじめ方

RISU算数タブレットの評判

RISUタブレット教材では、現在何年生であるのかは関係なく最初におこなう「実力テスト」でステージが決まります。

一人一人に応じて分かるところから、はじられるシステムになっています。間違えやすい問題の把握は紙の場合は、親がチェックしてあげる必要がありますが、RISU算数ではつまづきにおうじて動画フォローがあるところが特徴・メリットになります。

実際にRISU算数教材の評判や口コミを調べてみましたので、紹介していきますね。

幼児・年長のタブレット学習!RISUきっずの口コミ評判は?

RISUタブレット教材を使用した年長の女の子「RISUきっず」評判・口コミ

小学校入学前、小学校低学年のお子さんの方が、ゲーム感覚で算数を解いていけそうですね。RISU算数では、計算問題をひたすら解くのではなく「思考力」「読解力」「応用力」をつけるような問題が出題されるようになっています。

小学校低学年で苦手なお子さんの多い時計の問題もRISUキッズでは、出題されます。

・RISU算数では動画について評判・口コミ

RISU算数では、1つの単元が終わると先生からの動画が再生されます。ゆっくりと話してくれていますし、動画や解説時間が長すぎない点もいいですね。

・RISUで苦手な算数も好きになる!

苦手な単元がひとつあるだけで、算数嫌いと思ってしまう子ども多いですよね。
例えば学習塾で、個別指導で教えてもらうとなると高額になってしまいますが、RISU算数では、追加費用なしで動画で教えてくれるメリットがあります。

RISU算数では、専用タブレットで学ぶの為、電源をつけるだけで勉強スタートできる点もいいですね。紙を出す手間もなく毎月配信型のタブレット教材と違い、いつでも自分のペースで算数を学習することができます。

RISU算数タブレットに「タッチペン」がついていたら良かったのに・・と思ったら、ちゃんとRISUのタブレットが入っていた箱の下に「タッチペン」が付属でついいていました。わが家では、途中まで自宅にあった「タッチペン」を使用していました。

次は、RISU算数タブレット教材を使用した体験談を紹介していきますね。

RISU算数タブレット教材を使用した体験談!

RISU算数タブレット教材を小学生の子供が利用していみましたので、体験談やリアルな口コミを紹介していきます。

RISU算数のタブレットが到着して、最初に実力テストを受けてからはじめるんだよ。
と声かけしたところ、「実力テスト」の受け方に最初はとまどっていましたが、「実力テスト」自体は、15~20分程度で完了していました。

子供がいち早く見つけたのは、プレゼントがもらえる「がんばりポイント」制度。どうやらがんばりポイントで「iPhone」が貰えるらしいときいて俄然はりきっています。。

RISU算数タブレットの評判
RoboKids
わからない問題があった時に「答え」を見るじゃなくて「ヒント」が出るところがいいよね!解説や図解が分かりやすいと思うし、難しすぎる問題じゃなくて、自分のレベルに合わせて問題を出してくれるのも嬉しい!
Mama
公文の算数を受講いたして時にただただ問題をこなすことに注力している点が、気になったのですがRISU算数では単元ごとの問題が多い訳ではなく子供自身が考えている様子があるところが良いと感じました。

算数が得意なお子さんは、学年以上の単元を苦手なお子さんは少し戻って学習できる点がいいですね。最初は、算数だけ?と思いましたが教科により理解度・進捗度があるので、算数だけに絞っている点も利用しやすいのでは?と思います。

RISU算数タブレット教材のメリットだけではなくデメリットも紹介していきますね。メリットの多いRISU算数ですが、体験してみて感じたデメリットは2つ

▲タブレットの操作性
・RISU算数タブレットに慣れるまでは、使いづらさを感じるかもしれません。

▲料金設定が複雑
・RISU算数教材では、基本料金の他にドンドン進んだ場合の料金設定があります。こちらの部分が少し分かりづらいように感じました。

RISU算数の利用料金の改定が、2018年7月にありました。料金の変更概要はこちら↓↓↓

RISU(リス)算数利用料金改定
◆利用料上限の値下げ
・14,800円 → 8,980円へ

◆利用料算出方法のシンプル化
・学習スピードに基づく複雑な算出方法から、平均クリアステージ数で切り替わる段階式へ

RISU算数では、利用料の上限額が5,820円も安くなりました!平均クリアステージ数の説明はRISU算数公式HPで確認くださいね。

RISU算数タブレット
一人一人に合わせた学習ができるRISU算数

クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

次に、RISU算数タブレットの利用料金について、詳しく紹介していきますね。

RISU算数教材の料金は?タブレット費用は無料?

RISU算数の基本料金は、月額2,480円(初月に一括請求)

月額料金に加えて、学校よりも早いスピードで進んだ分だけ追加費用が発生します。
この追加費用に関しては、少し分かりづらかったのですが、小学校1年生~6年生まで合計94ステージを6年間で学ぶスピードが「月平均1.3ステージ」となりこれより早いスピードで利用したときのみ、追加費用が発生するそうです。

*実力テストでの到達点より前の問題に関しては、料金は発生しません。

RISU算数タブレット
詳しくは、RISU算数の公式HPでご確認ください。クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

RISU(リス算数)の解約について

RISU算数では、タブレット費用が発生しません。例えば、RISU契約後1ヵ月で解約した場合もタブレット費用が発生せずタブレットの返却の必要もないそうです。

RISU算数の公式HPによると

先に進むことや大学生チューターによるフォローアップサービスを受けることはできなくなりますが、その後も復習用の端末として利用いただくことができます。

どうしてもお子様は一度解けた問題でもまた忘れたりすることがあります。
そういったシーンに、ヒントを見ていただいたり、100点を取り逃している問題をチェックしていただいたり、少しでも学習の助けになればと思い、過去に解いた問題はすべてその後も利用できる仕様にしています。

算数を勉強していくと途中で理解が足りない箇所がでてきたり前に一度戻って学習したいというときがあると思います。うちの子も小数点の割り算を解き始めたときに割り算について混乱してしまうことがあり、簡単な割り算問題に戻って解きなおしをした経験があります。

いつでも解約できて解約後もタブレットが使用できるのは、RISU算数のメリットですね。解約や料金につきましては、変更になることもあるかと思いますので公式HPでご確認ください。今なら、クーポンコード登録でお試し受講ができます。

RISU(リス算数)
詳しくは、RISU算数の公式HPでご確認ください。クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

RISU算数の他の教材との違いはコレ!

塾や公文、通信教材、タブレット教材など沢山種類は、ありますよね。

RISU算数のタブレットを使用してみて、他の教材とは違いを感じた点はやはり

一人一人のつまづきポイントに応じて、無学年式で学べる算数!個々のレベルにあった問題が出題される点ですね。

多くの教材は、学年レベルの算数問題プラス応用問題が出題されますが、学年を超えての勉強や学年を戻っての学習ができる教材は、あまりないですよね。算数をはじめ勉強が、嫌いになってしまう理由のほとんどが「わからないから」「同じことを繰り返しやるから」だと思います。

RISU算数は膨大なデータで小学生が算数でつまづきやすいポイントを把握しており、動画配信により個人指導することでドンドンできるようになる仕組みになっています。RISU算数で学んでいて辞めるお子さんの中には、小学校6年生までの勉強をやり終えてしまったからという方もいるようですよ。

タブレットの手軽さと動画配信による学習を組み合わせた新しい形の学習教材RISU算数について、紹介していきました。RISU(リス)算数タブレットって、どんな教材なの?と調べていた方の参考になれば幸いです。

RISU算数タブレットのお試しキャンペーンコードは?

RISUタブレットを1週間おためししてみたい方、当サイトから申し込むと1週間のお試し体験ができます。*こちらのキャンペーンは、限定で早期に終了する可能性があります。RISUタブレットの申込キャンペーンコードは、「km07a」になります。

RISU算数タブレットキャンペーンコード
一人一人に合わせた学習ができるRISU算数

キャンペーンコードは、「km07a」
▶▶▶RISUキャンペーンコード、公式サイトはこちら