ランドセル寄付2019年国内無料・クラレ・被災地など配送方法を調べてみました!




子供が、使っていたランドセルはきれいに使ってくれていたこともあり捨てるのはもったいないとクローゼットにしまわれたままになっています。ランドセルをリメイクする方もいますが、ランドセルを寄付することができることをしり調べてみました。

ランドセルの寄付といてもその手段はなかなか分からないものですよね。手数料も低くに無料に近い料金でランドセル寄付ができたら断捨離にも役立ちます。地震や台風などの災害も多い日本、被災地支援としてのランドセル寄付もあると知り合わせて調べてみました。

ランドセル寄付について調べて分かった「ランドセル寄付」出来ない場合・NGな例送料無料で送る方法ランドセル寄付の注意点なども紹介していきますね。

ランドセル寄付2019年:国際協力NGO ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」

 

View this post on Instagram

 

公益財団法人ジョイセフさん(@joicfp)がシェアした投稿


ランドセルの寄付で有名なジョイセフの「思い出のランドセルギフト」について紹介していますね。

・国際協力NGO ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」
2019年の情報は出ていませんが、2018年秋の情報が出ています。ジョイセフでは、春と秋2回ランドセルの回収期間があります。

今年もジョイセフにて秋の思い出ランドセルキャンペーンが9月1日より始まっています。思い出ランドセルギフトは小学生活6年間の仕事を終えたランドセルをアフガニスタンなどに寄付し子供たちの就学に役立ててもらうために行われている国際支援活動に当たります。自分たちの子供が使用したランドセルが押し入れで眠っていて寂しい状態になっているのであれば役立てていただけるのは本当にありがたいことです。

ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」 受付期間:

春 2018年3月10日~5月31日
秋 2018年9月1日~10月31日

ここでランドセルを贈るための手順をお話ししていいます。

ランドセル寄付NGなのは?

ランドセル寄付としてNGとされているのは、「破損が激しいランドセル」「豚皮製のランドセル」ランドセルについている防犯ブザーやカバーなども忘れずに外して送付したいですね。

ランドセル寄付・国内・無料

画像参照元:ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」

まず贈るランドセルの色などは問われないものの破損の状態が激しいものや宗教上の問題も考えて豚革製の物は贈ることができません。子供たちに必要だった防犯ブザーがついていても贈ることができないので注意が必要です。

ランドセル寄付無料で送るには?

ランドセルを贈るにはアフガンスタンに届けるというのもあり海外輸送経費がランドセル1個につき1800円かかってしまいます。それは寄付をお願いするようになっています。倉庫に直接ランドセルを持ち込みできる期間がありますので、お近くであれば無料で寄付が可能です。

身近な方法として書き損じた52円はがきが46枚あれば1800円の寄付に相当するので書き損じはがきを同封する方法もあります。

配送方法やランドセルの送り先については、公式サイトより紹介をご確認ください。

ランドセル寄付ジョイセフ:送付時の注意点

包装したランドセルを横浜倉庫に送ります。そのときに注意が必要なのはジョイセフではなく横浜倉庫に送りその時の送料はこちらが負担することになります。送り主名と海外輸送経費の入金者は名前を統一しないと折角の支援が無駄になってしまうので注意が必要ですね。

・ランドセル寄付:ランドセルだけでなく文房具も!

ランドセルだけでなく小学生時代に使用しなかった文房具もランドセルの中に入れて贈ってあげるとアフガニスタンの子供たちの教育支援につながります。たぶん多くの家庭では文具も未使用のまま残っていることも我が家も含め多くいると思われるので文房具を一緒に入れることはおすすめです。

ランドセルと一緒に寄付する文房具には、下敷きや鉛筆、鉛筆削りやノートなど。綺麗に水拭きしてから寄付をしました。とういう方もいました。お子さんと一緒に感謝の気持ちをこめて送るのもいいですね。

寄付や送付対象になる文房具については、無駄にならないよう送付前にジョイセフランドセル寄付の公式HPで確認してくださいね。

ランドセルと一緒に寄付できる学用品についての動画がありましたので、紹介しておきます。

次は、ランドセルの寄付「クラレ」について紹介していきます。

スポンサーリンク

ランドセル寄付2019年:ランドセル寄付クラレ

クラレではあらゆる環境の小学生や入学を控えた子供たちみんなににランドセルを持つことをあきらめないために楽しい学校生活と健やかな成長を願う気持ちからふわりぃランドセル応援団を設立し台風や地震などの自然被害にあわれた子供たちにランドセルを寄付する活動もしています。

期間
2018年1月8日から2018年3月26日までのあいだ「ランドセルは海を越えてキャンペーン」が行われていました。
2019年も同様の時期にランドセル寄付が、あるのではと予想しています。期間が限られていますので注意しておきたいですね。2019年クラレ「ランドセルは海を越えてキャンペーン」期間が確定しましたら、こちらに追記していきます。

配送方法
キャンペーン中に集まったランドセルはまず横浜市内の倉庫に集められてからそれぞれ検品作業に進んでそれを終了したランドセルはやっと日本から旅立ちパキスタン経由にて秋ごろにアフガニスタンの子供たちにランドセルが届けられます。アフガニスタンの子供たちは宗教上の理由で豚皮を使用したランドセルは贈ることができないことはやはり注意すべきです。

スポンサーリンク

ランドセル寄付国内・被災地

アフガニスタンだけでなく日本にも災害などでランドセルをあきらめてしまう小学生の子供たちのために寄付を行っています。

災害被害にあった小学1、2年生のためには新品のものを3年生以上の子供たちには再生したランドセルを寄付しています。その他にひとり親などの子供たちには新品のランドセルが寄付をしています。

*現在は、きれいな状態であっても使用済みのランドセルの受付・寄付は行っていないそうです。

参考:https://fuwarii.com/user_data/csr.php

ランドセル寄付:まとめ

小学生の子供たちが毎日背負っているランドセル。それはみんなが持てるものではないのだと知りタンスの肥やしにしておくのであればランドセルを寄付することはランドセルにとっても私たちを含む他の親子にとっても幸せなことです。

ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」では、年に2回春と秋にランドセル寄付の期間があり、ランドセル以外にも学用品・文房具の寄付もできることが分かりました。被災地のランドセル寄付については、使用済みのランドセルの受付はしていないとのことでした。

私もこの秋の期間に息子が使用していたランドセルを寄付しようと考えています。ランドセル寄付の時期や配送方法など参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク