数学検定の結果発表はいつ?WEBで合否を調べる手順と注意点を紹介!




数学検定は、幼児から小中高校生、大学生や社会人と幅広い年齢の方がそれぞれのレベルにあった検定試験を受けることのできる検定です。全国レベルでの数学の実力を試すことがでるきのです。中学や高校、大学の入試では入試優遇制度や単位認定を受けられる学校もあります。

また、SPI試験と共通している部分もあるため、SPI試験の対策にもなり、就職にも有利になると言えます。

ここでは、数学検定の結果発表はいつ?WEBで合否を調べる手順と注意点についてご紹介していきますね。

数学検定・算数検定の結果発表はいつ?

学検定を受けたら、気になるのは合格発表はいつ?ですよね。

数学検定と算数検定の結果発表日は、同じ日程になります。2018年度、結果発表・合格確認日を紹介していきますね。

・数学検定 4月合格発表日

数学検定日 4月15日
WEB合否確認日 5月7日

 

・数学検定 7月合格発表日

数学検定日 7月22日
WEB合否確認日 8月9日

・数学検定 10月合格発表日

数学検定日 10月28日
WEB合否確認日 11月15日

 

算数検定は、受験してから約3週間後に、WEB上で検定の合否を確認することができます。

スポンサーリンク

数学検定・算数検定のWEBで合否を調べる手順

数学検定のWEBで「結果発表」を見る手順を紹介していきますね。

画像参照元:数学検定公式HP

ラベル名
数学検定の受験票の受験者控えに記載されている受験番号とパスワードを入力すると合否結果を見ることができます。
上のWEB合否確認日になったら、数学検定の公式ホームページにアクセスして、WEB合否確認というところをクリックします。

数学検定の「合否確認」を行うと、以下のいずれかが表示されます。

・合格・不合格・1次合格 (計算技能検定のみ)・2次合格 (数理技能検定のみ)・欠席

郵送での結果発表の前に結果を知ることができるので、いち早く結果が知りたいという方はWEBの合否確認サービスを利用するといいですね。次は、数学検定の合否をWEBで調べる注意点も紹介していきますね。

スポンサーリンク

数学検定のWEBで合否を調べる時の注意点

数学検定・算数検定は、郵送で合否発表が届く前にWEBで合否を調べられます。

合否を調べる際にはパスワードが必要になりますので、受検番号とパスワードが印刷されている受検証の受検者控えを処分したり失くしたりしないようにしましょう。

また、合否をWEBで調べる場合は、期間限定なので注意してください。早めに確認しましょう。

万が一受検証の控えを失くしてしまった場合は、受験番号やパスワードの再発行ができません。郵送での結果発表を待ちましょう。
また、合否発表をメールや電話で問い合わせることはできません。

数学検定の結果発表はいつ?:まとめ

数学検定の結果発表はいつ?WEBで合否を調べる手順と注意点についてご紹介してきました。

数学検定・結果発表

・算数検定・数学検定の結果発表は、試験日から3週間後
・WEBで結果発表(合否)を確認可能
・WEBで合否を確認する際に必要なのは、受験票に記載されている「受検番号」と「パスワード」

数学検定の合否を郵送よりも先にWEBで確認できるのはうれしいですね。簡単に確認できるので、数学検定を受けたときには是非利用してみてください。

受験番号とパスワードは必須なので、受験票の受験者控えだけは失くさないようにしてください。失くしてしまいそうなときは、受験番号とパスワードをスマホなどで写真に撮っておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク