小学生男子の身長伸び率や伸び悩みの原因は?声変わりの平均身長や止まるサインも!




Mama
小学生の子どもの身長が伸び悩んでいるような気がする。
小学生男子の平均身長はいくつ?

小学生男子~中学生にかけては、声変わりが始まり成長期がはじまる時期でもありますよね。

小学生男子の身長の伸び率の伸び悩みの原因と声変わりなどの平均身長や身長の飲みが止まるサインについて調べてお話ししていきます。

小学生男子の身長平均と伸び率

小学生男子の身長平均と伸び率<

小学生男子の身長は一般的に12歳から14歳の頃が一番伸びるといわれています。

身長が伸びる時期は女子よりも思春期が2年ほど遅れるといわれています。成長時期は個々でそれぞれ違いがありますよね。

小学生男子の身長の伸び

年齢 学年  平均的な1年間の伸び
6~7歳 小学校1年生  5.8cm
7~8歳 小学校2年生 5.7cm
8~9歳 小学校3年生 5.3cm
9~10歳 小学校4年生 5.0cm
10~11歳 小学校5年生 5.0cm
11~12歳 小学校5年生 5.6cm

小学生男子の伸びの目安は、上記のようになっていて毎年平均的に5.4cm伸びていると考えられます。

Mama
子どもの通っている小学校の保健だよりには、1年間の身長の伸びが4㎝以下となる場合には相談してくださいとのお便りが入っていました。

小学生男子の平均身長

小学生男子の平均身長は以下のようになります。

年齢 学年 平均身長
6歳 1年生 116.3cm
7歳 2年生 122.3cm
8歳 3年生 127.9cm
9歳 4年生 133.2cm
10歳 5年生 138.6cm
11歳 6年生 144.6cm

平均身長と比べて高い、低いと気になってしまうこともありますよね。次は、小学生の身長の伸び悩みが気になっている場合に気になる「伸び悩み」の原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

小学生男子の伸び悩みの原因は?

小学生男子は思春期の手前ともいわれています。

思春期に標準身長の小学生男子は、約30cm伸びるようです。その身長の伸びも思春期を過ぎると背が伸びにくくなってきます。

身長が伸びにくくなるのは骨が大人の骨になってしまうために思春期の間に伸びないと成人身長は低いままで終わってしまうようです。

子どもが小学生になる前に身長が低いのを気にして、成長外来にいった際も手の骨の成長をみて思春期を判断すると言われたことがあります。成長期と呼ばれる伸びる時期をすぎてしまうと、身長の大きな伸びは期待できないそうです。

小学生男子が135cm以下で思春期に入ったとすると成人身長が160cmいかになってしまう可能性もあるといわれています。

このように小学生男子の身長が伸び悩んでいる原因には、小学生男子に必要な睡眠・栄養・運動という基本的な生活習慣などの状況が悪い環境になっている可能性があります。

まず小学生男子に睡眠はテレビやスマホやゲームなどで夜遅くまで遊んでしまうのもあり眠気を誘っていく睡眠ホルモンとして知られているメラトニンの分泌が抑制されてしまうことで慢性的な睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足が続いてしまうとメラトニンをあまり分泌されなくなるので性ホルモンの分泌を促進させて
思春期がやってくるのが早くなっているのも小学生男子の身長が伸び悩んでいる原因の一つと考えられます

そのため身長を伸ばしていくためには小学生男子が思春期を迎える前も迎えた後であってもしっかりと睡眠をとり適度な運動とバランスの良い食事を摂ることを心がけることで小学生男子の身長を伸ばすためのホルモン分泌量を増やしていく必要があります。

睡眠のほかにも悩みとして多いのは、食の細さ、好き嫌いの多さですよね。運動している割には、食が細いタイプのお子さんもいますよね。栄養がしっかりとれているか心配な場合は、栄養補助食品を利用してみてもいいかもしれないですね。

\初回キャンペーン価格を見てみる↓↓↓/


小学生男子の声変わりをする平均身長と身長が止まるサインは?

一般的に小学生男子が思春期に入って緩やかに声変わりしていきます。その声変わりは11歳から14歳にかけてゆっくりと変わっていくといわれています。

その声変わりが終了する頃に身長の伸びが止まるサインともいわれています。

それは声変わりが終了すると身体全体が大人になってきたのでもう増殖しようとする軟骨もなくなるので身長はもう伸びないのだろうといわれています。

思春期には、前期と後期があってその期間は約5年間あるそうです。

その5年の間に身長の伸びのピークと緩やかな下降があるようで身長の伸びの幅は思春期の間に25cm程といわれています。

小学生男子が身長を伸ばしていくためには、思春期を迎えるまでに延ばしていくことが必要なようです。

現代の小学生男子は思春期を迎えるのが早くなっているので声変わりも早く始まると考えられています。

その声変わりが始まるのが早いと声変わりが終了するのも早くなるのでどうしても成人身長が低くなっていく可能性があります。

小学5年生男子の平均身長は138.6cmなのでそのころから声変わりが始まっていくとそこから5年間で声変わりが終了したとすると25cm伸びるとすると163.6cmで成長が終了すると考えられます。

成長応援サプリ「セノビーム」

小学生男子の身長伸び率:まとめ

小学生男子の身長の伸び率が、気になるときありますよね。

小学生男子の身長の伸び率低下のが気になるときは、まずは生活習慣・子供たちの成長に必要な睡眠・栄養・運動が足りているか見直してみるといいですよね。

声変わりが速まってしまうと声変わりが終了のも早まり身長の伸びが止まってしまう時期も早まってしまうのだろうと考えられます。

身長が伸びるには子供の柔らかい骨(軟骨)が必要となります。性ホルモンによって大人の骨(硬い骨)になると身長の伸びが止まってしまうようです。

小学生男子の身長を伸ばすためには十分な栄養と適度な運動

そして一番必要なのはメラトニンと成長ホルモンの分泌を十分なものにするために夜更かしをしないで十分に睡眠をとることが必要となります。

睡眠とならんで需要な食事・栄養について。普段の食事にプラスして栄養補助食品をプラスしているご家庭も多いですよね。うちの子も小学校低学年までは、平均身長を下回っていたので栄養と睡眠には注意するようにしていました。

ココア風味の栄養ドリンクなども試したことがあるのですが、味にあきてしまい続かなかったので高学年のころには、お菓子のように食べられるタブレットも取るようにしていました。

タブレットがどれくらい効果があったのかはわかりませんが、高学年には平均身長を超えるようになりました。スポーツの試合の後など疲れているときにも栄養がとれるように食事と一緒に取得するようにしていました。

\伸びる力をサポートするタブレットはこちら↓/


スポンサーリンク