読書感想文の課題図書2018中学生向け!あらすじと簡単な書き方とコツも紹介!




部活や勉強に忙しい中学生。夏休みの宿題で、苦手な人も多い読書感想文について

読書感想文の2018年課題図書の中学生向けに選ばれた本のあらすじと読書感想文に書くなら?
書き方やコツも紹介していきますね。

2018年の読書感想文・課題図書中学生

2018年の中学生向け課題図書に選ばれたのは、こちらになります。


それぞれの課題図書のあらすじを紹介していきますね。
読書感想文の選書に参考になれば幸いです。

読書感想文の課題図書2018年!中学生課題図書:一〇五度

一〇五度 (あすなろ書房)
著者:佐藤まどか・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-7515-2873-0

・課題図書:一〇五度あらすじ

イスのデザイナーを目指す真と、モデラーを目指す梨々がタッグを組み
「全国学生チェアデザインコンペ」に挑戦する2人の真っ直ぐな姿勢が描かれている。また、父親との進路に関する対立や、クリエイターという仕事の難しさなどもわかる。

・読書感想文に書くなら

このお話の中では“イス”について書かれていますが、何か好きなことに夢中になっている人であれば、主人公の立場を自分自身に置き換えて考えることもできる作品。また、進路もテーマの一つになっているので、自分の進路を決めている、決めていないに関わらず、進路について考えなければならない中学生にはおすすめの一冊でもあります。自分のことだけではなく周りの人の気持ちを考えるきっかけにもなるかもしれません。

スポンサーリンク

読書感想文の課題図書2018年:太陽と月の大地

太陽と月の大地 (福音館書店)
著者:コンチャ・ロペス=ナルバエス・著 宇野和美・訳 松本里美・画

本体価格:1,600円

ISBN978-4-8340-8162-6

・課題図書:太陽と月の大地あらすじ

マリアとエルナンドは互いに惹かれ合いますが、2人の宗教、身分が異なるという理由で引き裂かれてしまいます。キリスト教とイスラム教が対立し、戦争がはじまり、家族や友人をも失うことになってしまうのです。16世紀のスペイン、グラナダの史実に基づいたフィクション。

・読書感想文に書くなら

物語の歴史的背景を学んだ上で読むと理解がより深まります。また、16世紀のスペインだけではなく、異なる宗教や身分、民族間での紛争は世界各国で繰り広げられています。その事実やその紛争の裏ではどのようなことが起きていたのか、ということを物語と照らし合わせて書いてみるのもいいかもしれませんね。自身の戦争に対する考えがこの本を読む前と読んだ後でどう変わったかも書いてみましょう。

スポンサーリンク

読書感想文の課題図書2018年:千年の田んぼ:国境の島に、古代の謎を追いかけて

千年の田んぼ:国境の島に、古代の謎を追いかけて (旬報社)
著者:石井里津子・著
本体価格:1,500円

ISBN978-4-8451-1519-8

・課題図書:千年の田んぼ:国境の島に、古代の謎を追いかけてあらすじ

日本海、山口県にあたる国境の島“見島”には、なんと飛鳥時代に作られた田んぼが…!もし飛鳥時代のものだとしたら、こんな離島にだれがなんのために作った田んぼなのでしょうか。奇跡の風景を謎解いていくノンフィクションです。

・読書感想文に書くなら

歴史や謎解きが好きなお子さんには是非オススメしたい一冊です。いつだれがなんのために作ったものなのか。歴史と照らし合わせて謎を解いていくので、その時代の歴史も調べてみるといいかもしれません。また、教科書には載っていない、当時の人々の生活の様子や工夫を垣間見ることができます。今の暮らしと比べてどうなのかも書いてみるといいかもしれませんね。

読書感想文が、書けない時の簡単な書き方は?

読書感想文がどうしても書けないというときは、本を選び直すのもひとつの手です。自分の興味・関心があることだと書きやすいです。習い事や部活に関連することや、将来の夢に関連することなどの内容の本を選べば読みやすいですし、読書感想文も書きやすいと思います。

また、テーマをしぼって本を選ぶのもおすすめです。たとえば、友情や家族がテーマになっている本なら身近なテーマで誰でも書きやすいですよね。他にも自然や歴史、戦争など興味のあるテーマの本を見つけてみてはいかがでしょうか。

読書感想文を書くときのポイントは、その本を読む前と読んだ後ではどのように自分の考えが変わったのかということを書くことです。自分が実際に経験したエピソードなどの具体例を一緒に書くようにすると書きやすいですし、読み手にも伝わりやすくなるかもしれませんね。

読書感想文課題図書2018:まとめ

読書感想文の中学生の課題図書2018とあらすじ、読書感想文を書くなら?と、感想文を書けない時の簡単な書き方は?についてご紹介してきました。中学生の課題図書に選ばれた本は興味がある、ないにはっきりとわかれそうな本も入っているように感じました。課題図書だからと、無理に読み始めてもなかなか読み終えられなかったり、感想文を書こうとしてもなかなか進まないことがあります。

読書感想文を書く上で自分が興味をもてそうな本選びはとても重要です。好きなことなら頭に入ってきやすいし、感想文も書きやすいですよね。その本に関することを自分で調べてみると、学びがより深まりますし、感想文も書きやすくなるのでおすすめですよ。自分に合った一冊を選んでみてくださいね。

スポンサーリンク