読書感想文の課題図書2019!小学校中学年3年4年のあらすじ書けないときは?




夏休みの宿題・課題といえば読書感想文ですよね。
小学校中学年になると、大人でも考えさせられるような、少し難しい本が課題図書として選ばれています。

読書感想文の課題図書を購入する前に

Mama
課題図書のあらすじが知りたい!読書感想文に書くなら?

と気にになりますよね。

ここでは、小学校3年生・4年生向けの読書感想文の2018年の課題図書4冊のあらすじ、感想文を書くなら?読書感想文が書けない時の書き方

についてご紹介していきますね。

2019年の読書感想文・課題図書小学校中学年(3年生・4年生)

2019年の中学年向け課題図書に選ばれた4冊は、こちらの4冊になります。


読書感想文の課題図書2019年!小学校高学年小5小6で書きやすい本は?

課題図書のタイトルを見て気になった本はありましたか?課題図書の選書の際に参考になるように本のあらすじや書き方について紹介していきますね。

スポンサーリンク

1.読書感想文の課題図書2019!小学校中学年:かみさまにあいたい

created by Rinker
¥1,296 (2019/05/26 20:21:45時点 Amazon調べ-詳細)

*あらすじ、内容
主人公の雄一は、大好きなおばあちゃんに嘘をついたままお別れすることになってしまいます。そんなとき、同じクラスの竜也が神さまと通信しようとしていることを知ります。2人はどのようにして神さまと通信するのでしょうか。2人が神さまに伝えたいこととは?

*読書感想文に書くなら?
おばあちゃんの死や、いろいろな家庭状況があるなかで、雄一と竜也は乗り越えていこうとします。“神さまにお願い事をしたい”と思ったことのある子は多いと思います。

自分なら神さまにどんなお願いをしたいか辛いことに直面したときどう乗り越えていくのかを考えてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

2.読書感想文の課題図書2019!小学校中学年:子ぶたのトリュフ

created by Rinker
¥1,512 (2019/05/26 20:21:46時点 Amazon調べ-詳細)

*あらすじ、内容
舞台はイギリスの農家。小さくてお母さんのおっぱいも飲めなかった子ぶたのトリュフは、農家の女の子ジャスミンのけんめいなお世話のおかげで一命をとりとめます。成長したトリュフは、今度はジャスミンを助けます。

*読書感想文に書くなら?
子ぶたのトリュフをはじめ、さまざまな動物が登場する本作品。命のつながりも感じられます。動物好きな子にもおすすめですよ。

課題図書「子ぶたのトリュフ」を読んで、命のつがなりについて感じたこと・考えたことを体験を交えて読書感想文にしていく書き方もありますね。

スポンサーリンク

3.読書感想文の課題図書2019!小学校中学年:そうだったのか!しゅんかん図鑑

created by Rinker
¥1,404 (2019/05/26 09:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

*あらすじ、内容
普通なら見ることのできない瞬間を切り取ったり“撮った”絵本。しゃぼん玉が割れる瞬間、ろうそくの火がつく瞬間、線香花火の火花、蚊取り線香の煙など、思いがけない写真の連続です。

*読書感想文に書くなら?
驚きの写真が連続の写真絵本です。他の課題図書とは異なり、物語ではなくて図鑑なので、本を読むのが苦手な子にもおすすめです。なぜそうなるのか、身近に同じような現象はあるのかなども、調べてみるといいかもしれませんね。

4.読書感想文の課題図書2019!小学校中学年:季節のごちそうハチごはん

created by Rinker
¥1,620 (2019/05/26 09:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

*あらすじ、内容
古くから日本で、世界中で虫を食べる風習があります。岐阜県のある地域では、昔からハチの幼虫が食べられているそうです。季節のごちそうとして食べられているハチ。どんな風に食べられているのでしょうか。

*読書感想文に書くなら?
虫好きな子や、物語ではないので、読書があまり好きではない子・昆虫好きなお子さんにもおすすめです。小さいころ昆虫をつかまえたときの体験や自分なら虫を食べてみたいかどうかも書いてみるといいかもしれませんね。

参考までに2018年の小学校3年生・4年生向けの読書感想文・課題図書を紹介しておきますね。

2018年の読書感想文・課題図書小学校中学年(3年生・4年生)

2018年の中学年向け課題図書に選ばれた4冊は、こちらの4冊になります。

中学年向け課題図書

レイナが島にやってきた! 
森のおくから:むかし、カナダであったほんとうのはなし
最後のオオカミ
すごいね!みんなの通学路 

それぞれの課題図書のあらすじを紹介していきますね。
読書感想文の選書に参考になれば幸いです。

1.読書感想文の課題図書2018!小学校中学年:レイナが島にやってきた!

著者:いとうひろし・作

*あらすじ、内容
島に、里子としてやってきたレイナ。優愛は転校生が来るのを楽しみにしていたけど、レイナはちょっと変わっている?新しく島にやってきたレイナが島の子どもたちを変えていくお話。

*読書感想文に書くなら?
言いたくないことを聞かれたときは、答えなくてもいいんだということや、いろんな悩み、人には理解されない悩みを持っている人もいるということを知ることができます。レイナの気持ち、優愛の気持ちを考えて感想文を書いていくと描きやすいかもしれません。

スポンサーリンク

2.読書感想文の課題図書2018!小学校中学年:森のおくから:むかし、カナダであったほんとうのはなし

*あらすじ、内容
100年ほど前に、カナダで本当にあったお話です。アントニオの家は、森の奥の湖のほとりのホテルでした。そのため周りには子どもがおらず、アントニオの友達は大人たちでした。ある日、山火事がおきます。みんな必死に湖に逃げ込みます。湖に逃げ込むのは、人間だけではありませんでした。

*読書感想文に書くなら?
奇跡のような、本当におきたお話です。大自然の中での、動物たちとの共存や、命の平等さについて感想文を書いてみましょう。

3.読書感想文の課題図書2018!小学校中学年:最後のオオカミ

*あらすじ、内容
パソコンの使い方を孫娘に教えてもらったマイケル・マクロードは、自分の家系を調べた。そして、ひいひいひいひいひいおじいさんであるロビーの遺言書に出会う。その遺言書は“最後のオオカミ”と題された回想録でした。戦争を生きのびたロビーは、残忍なイギリス軍に追われていました。一方、狩りで親を殺されたオオカミ。孤児であり逃亡者であるという運命で結ばれた、オオカミと少年の友情と別れの物語。

「最後のおおかみ」は、児童書でになりますが大人のが読んでも心をえぐられるように打たれた1冊でした。

*読書感想文に書くなら?
イングランドとスコットランドの戦争の頃のお話です。戦争について感想文を書いていくのもいいですし、大切な友人との別れについてを中心に読書感想文に書いていくのも良いかもしれません。

今の小学生には、身近に感じることは難しいかもしれませんが、課題図書「最後のおおかみ」読んで、子供自身が、平和であることの幸せ。家族の愛があることのありがみなどを感じたことを読書感想文として書くこができますね。

スポンサーリンク

4.読書感想文の課題図書2018!小学校中学年:すごいね!みんなの通学路

*あらすじ、内容
世界各国の子供たちの通学路が写真とともに紹介されている絵本です。中にはとても長い道のりを歩いて行かなくてはならない子供たちや、飲み水や机を運んで行かなくてはならない子供たち、川の急流をわたったり、がけや山道など、大変な思いをして学校に通う子供たちが載っています。

課題図書「すごいね!みんなの通学路」は、世界中の子どもたちが通学する様子の写真絵本となっていますので、本を読むことが苦手な小学生にも読みやすい、読書感想文としても書きやすい本の一つだと思います。

*読書感想文に書くなら?
世界各国の、さまざまな状況の子供たちがいることを学べる絵本です。異文化についても学べます。驚くような通学路がたくさんなので、お子さんの興味を引くかもしれません。自分の通学路と比べて書いてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

読書感想文が、書けない時は?

読書感想文が書けない子どもを見ていると書き出しでつまずいている子どもを多くみます。

例えば、課題図書の「すごいね!みんなの通学路」であれば
「私は、驚きました。なぜなら「すごいね!みんなの通学路」の表紙の写真は、船に乗った子供達だったからです」
などのように課題図書の本の表紙の印象やこころに響いた言葉を引用する書き方もありますね。

夏休み宿題サポート機能「自由研究」「読書感想文」の特別講座のあるスマイルゼミの資料請求はこちら↓↓↓


読書感想文の課題図書2018!小学校中学年:まとめ

読書感想文の課題図書2018!小学校中学年3年4年のあらすじ書けないときは?についてご紹介してきました。

小学校中学年になると難しいテーマの本が課題図書に選ばれていますね。自分の体験したエピソードをふまえて、照らし合わせたり、絵本の登場人物の気持ちになって感想文を書いていくと書きやすいかもしれません。ぜひ心惹かれる絵本を選んでくださいね。

読書感想文の書き出しは▶▶▶読書感想文の入賞作品・小学生低学年から書き出しを紹介!多いのは?でも紹介しています。

ぜひ興味があることや好きなことについての本を選んで読書感想文を書いて見てくださいね。

スポンサーリンク