ジュニアプロティンで身長が伸びた?デメリットや飲むタイミングは?




お子さんの身長はどれくらいですか?個人差はありますが、クラスでも背が低めのお子さんや男の子の親なら特に気になるとういう方も多いのではないでしょうか?

Mama
管理人の子ども小学校低学年のころは、身長が伸びずに心配しました。

ジュニアプロテインで身長が伸びたり、逆に伸びないという話は聞いたことがある方もいると思います。

この記事では、

  • ジュニアプロティンで身長が伸びた?
  • ジュニアプロティンデメリットや飲むタイミングは?
  • ジュニアプロティンで身長が伸びた?:まとめ

の順番でご紹介していきますね。

ジュニアプロティンで身長が伸びた?

created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥3,170 (2019/05/26 09:57:17時点 Amazon調べ-詳細)

ジュニアプロテインは身長に影響するのでしょうか。

Mama
プロテインを子どもが飲むと背が伸びなくなるという話や、逆に背が伸びるという話を聞いたことがありませんか?

ジュニアプロテインと通常のプロテインの違いは、カルシウムが含まれているかどうかになります。

Mama
ジュニアプロテインはタンパク質含有量がやや少ない代わりにカルシウムやビタミンが入っています。

ビタミンが入っているプロテインはありますが、通常のプロテインにカルシウムが入っていることはないため、ジュニアプロテインの大きな特徴はカルシウムが含まれているという点ですね。

また、カルシウムの吸収を促進するビタミンDもはいっており、骨の成長をサポートしてくれます。しかし、低身長の治療に使われるような成長ホルモン剤ではないため、ジュニアプロテインを飲めば必ず背が伸びるというわけではなく、あくまでも成長期に必要な栄養分を補うという目的で飲むものになります。

にプロテインを飲むと背が伸びないと思っている方もいると思います。しかし、子どもは筋肉の成長よりも骨の成長が優先されるため、プロテインでタンパク質を摂ったからといってどんどん筋肉がついてしまうことはないので安心してくださいね。

Mama
では、ジュニアプロテインを飲むにあたってデメリットはあるのでしょうか?

飲むタイミングについてもご紹介していきますね。

スポンサーリンク

ジュニアプロティンデメリットや飲むタイミングは?

ジュニアプロテインのデメリットは、プロテインを過剰摂取したときにカロリーオーバーで肥満につながるということがあるようです。

Mama
プロテインは摂った分だけ吸収されるわけではなく、1日の目安になる摂取量があるので、年齢にあった量を摂るようにしましょうね。

タンパク質量の目安の一例は、6歳~7歳男子で1日35g、10歳~11歳は1日50gになります。

また、プロテインを飲むタイミングは運動後(特に運動30分以内)や寝る前がおすすめです。

寝る前に関しては、寝る直前に飲んでしまうと胃もたれの原因になることもあるそう、30分から1時間前に摂るようにするとよさそうですね。

寝ている間や運動後はホルモン分泌が活発なので、筋肉や骨の成長のサポートのためにプロテインを飲むいいタイミングと言えます。

また、朝に飲むのも良いので、朝ごはんと一緒にプロテインドリンクを飲むのもいいですね。

\カロリーの少ないタブレットタイプ↓/

ジュニアプロティンで身長が伸びた?:まとめ

ジュニアプロティンで身長が伸びた?
ジュニアプロテインは通常のプロテインには含まれていないカルシウムが含まれているため、骨の成長のサポートをしてくれます。とはいえ、プロテインは身長を伸ばす薬というわけではなく、成長期に必要な栄養分を補うという目的で飲むものです。身長を伸ばすためにはジュニアプロテインを効果的に摂りつつ、生活習慣や栄養バランスのよい食事も心がける必要があります。

ジュニアプロティンデメリットや飲むタイミングは?
ジュニアプロテインを飲むデメリットは、プロテインの過剰摂取からの肥満には注意が必要です。
プロテインは摂っただけ吸収されるわけではありません。お子さんの年齢に合わせた量を摂るようにしましょう。
飲むタイミングは、ホルモン分泌が活発になる寝る30分から1時間前や運動後30分以内、また朝の摂取もおすすめです。

ジュニアプロティンで身長が伸びた?デメリットや飲むタイミングは?についてご紹介してきました。お子さんにジュニアプロテインをとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\牛乳なしでも飲みやすいタブレットタイプ/

スポンサーリンク