すららのメリットデメリットと感想!発達障害や不登校にもおすすめ?




「すらら」発達障害や低学力のお子さまが勉強の仕方が分からず先に進むことができない、短時間もじっと座っていることができないなどの勉強に苦手意識をもつ子供さんたちに学習の機会を提供して学習を進めやすい環境を作って自宅学習をサポートしています。

Mama
毎日学校に通っていても勉強している内容が分からなくなると学校に通うのも楽しくなってしまうのではないでしょうか?

色々な学習に関する親子の悩みを解決していくためにお手伝いするのが「すらら」です。
そんなスラらのメリットやデメリットなどについてお話していきます。

すららのメリットデメリットと感想!

「すらら」のメリットは学習する環境において苦手なところをそのままにしてできなくなっていたり勉強するために長い時間机に向かうことができないなどの小学生や中学生の悩みを解決していくような工夫がなされています。

Mama
「すらら」には、どんな工夫があるのか?紹介していきますね。

1.「すらら」の特徴:読み上げ学習

すららのメリットデメリットと感想!発達障害や不登校にもおすすめ?

例えば中学生の学習時間をアニメーションなどの講義によりしっかりと読み上げ学習をすることで1090時間必要といわれる学習を1/3の365時間で完了することが可能となってきます。

Mama
アニメーションを利用することで眼でも学習することができるので少ない時間でも楽しく学ぶことができるようになっていくと考えられます。

2.「すらら」の特徴:反復学習

少ない学習時間でも同じ単元を何度も学習することにより記憶力に自信がなくても理解を深めていくことは可能になっていきます。

Mama
例えばテレビ番組の中で知ってほしい時は何度も繰り返し話されると自然とそのことを覚えてしまうことってありますよね。

その反復学習を利用してそれぞれの理解度をみながら学習をすすめることによりドリルの正解率が87.7%となり勉強内容が分かるということが楽しくなってきます。

3.「すらら」の特徴:生徒に合わせた学習設計

Mama
通信教材というと月を重ねるたびに教材の内容がたまってきて困るという経験をされたことはあるのではないでしょうか?

毎月届く教材がたまってしまうとどうしても学習を続けることは難しくなってしまいます。

生徒に合わせた学習設計されているのもあり飽きない学習内容となっているため無理なく楽しく勉強を続けることができるような学習内容となっているところは「すらら」のメリットといえます。

こんなに楽しい教材であれば全科目の教材があればいいなと望まれる方は多いとは思いますが「すらら」では英、数、国の3科目だけなのはデメリットといえます。

「すらら」は月額8,000円(+税)なので高くてデメリットかも?と感じることはあるかもしれませんが十分に楽しめる学習システムが組まれているので逆にメリットといえます。

\対話型学習教材「すらら」を試してみる↓/

学習教材すららは発達障害や不登校にもおすすめ?

Mama
学習教材「すらら」は、発達障害や不登校に悩む小学生・中学生たちの学習教材として人気があります。

学年が進むにつれてつまづいてしまうと置いてきぼりにされてしまいどんどん学習する意欲もなくなってしまい勉強が楽しくなくなってしまう原因となってしまいます。

「すらら」は学年にとらわれない無学年方式を採用しているので分からなかった範囲にさかのぼって勉強することができ分からないを解決していきます。

学習につまづきがある場合だけではなく、対象学年より進んだ学習ができる点もメリットになりますね。「すらら」は教科によって得意・不得意が分かれているお子さんにもおすすめな学習教材となっています。

「すらら」ではそれぞれの理解に合わせた反復システムを採用しているので、発達障害や不登校の小学生・中学生にもお勧めできる学習教材です。

\対話型学習教材「すらら」を試してみる↓/

すららで学習できる教科は?

「すらら」で学習できる範囲は小学1年生から高校3年生となっています。

すらら小学生の教科

「すらら」小学生の教科は国語・算数となっています。

基本的には2科目となっていて英語はありませんが「すらら」では無学年方式を取っているのもあり中学生の英語を使って学習することが可能となっています。

Mama
英語に関してはネガティブの発音でアルファベットから学習することができるので、英検に挑戦することもできます。

すらら中学生の教科

すらら中学生の教科は国語・数学・英語となっています。定期テストだけでなく公立高校受験レベルの学力をつけるための対策教材としても利用できます。

すらら高校生の教材

「すらら」の高校生の教材も国語・数学・英語となっています

センター試験に向けての対策教材として学習することができます。
ただし国語の国文・漢文及び理系科目・数ⅢCは含まれていないので注意が必要です。

すららのメリットデメリットと感想:まとめ

すららのメリットデメリットと感想

「すらら」は無学年方式を採用しているので自分のペースで学習を進めることができる教材です。

Mama
「すらら」は授業で分からないところが出てきて勉強につまずいてしまうことで学習する習慣が身につかなくなり授業内容が分からなくなり勉強方法が分からなくなるという負の連鎖をなくすための教材作りがなされています。

「すらら」はアニメ教材を利用しているのもあり飽きのこない工夫がされているので集中力がないと困っているお子さんも集中して学習することができます。

すららのメリットデメリット

無学年方式を利用しているので苦手だと思っている単元にさかのぼって何度も学習できるので知らず知らずのうちに苦手科目がなくなっていくような工夫がなされています。

ただ小学生であれば国語・算数の2科目、中学生であれば国語・英語・数学の3科目の対応となっているので社会・理科の教材がないところはデメリットなのかもしれません。

集中して学習机に向かえないとか、どこから勉強したらいいのか分からないなどのお子さんの悩みを解決する教材作りがなされているので「すらら」で学習をすることを発達障害や不登校の小学生・中学生にもお勧めな教材です。

\対話型学習教材「すらら」を試してみる↓/