修学旅行新聞の書き方や作り方に題名・レイアウト・デザインはどうする?




小学6年生や中学生にとって修学旅行はとても楽しいイベントですよね。
修学旅行後、修学旅行新聞を作成しようという課題を与えられることがあります。

作文や詩と違って、修学旅行新聞は記事内容も重要ですが読む前に写真や題目をみて何を言いたいか?

を知ってもらうことも重要となってきます。

そんな修学旅行新聞の書き方や作り方について調べていきます。

スポンサーリンク

修学旅行新聞の書き方や作り方

Mama
修学旅行の思い出を「修学旅行新聞」にするのは難しいと感じる人も多いですよね。

修学旅行中は修学旅行新聞の内容にとらわれ過ぎて楽しめないのは、残念なので楽しく作成できるように紹介していきますね。

修学旅行新聞を作成するときは旅行先で感じた魅力を記事にすることが必要になります。

Mama
5-6人のグループで修学旅行新聞を作る際にはそれぞれの記事がバランスよく並ぶようにレイアウトを決めることも重要となります。

記事内容、写真、レイアウト作成を手分けして作成する場合はそれぞれの担当を決めてから作成すると仲間意識も芽生えてよりよい新聞を作成することができます。

修学旅行新聞を作成する際に重要なことはまずテーマを決めることです。

テーマを決めて新聞作成をすることで歴史や季節を感じることができるようになります。

テーマを決めた後は大見出しをつけてから全体像を設計していきます。

スポンサーリンク

修学旅行新聞の書き方を3STEPで!

  1. テーマを決める
  2. 大見出しをつける
  3. 修学旅行新聞の全体像の設計

修学旅行先「京都」の場合

京都といえば観光名所がたくさんなるので新聞にするときにかなり悩んでしまうと思われます。順番に説明していきますね。

1.テーマを決める
訪れた神社・寺の中で3か所くらいに絞った場合のテーマは「京都の神社・寺院をめぐる旅」、嵐山散策でのテーマは「京都・嵐山散策を楽しむ旅」のようにテーマを決めておきます。


2. 大見出しをつける

テーマを「京都の神社・寺院をめぐる旅」と決めた場合の大見出しは「京都の神社・寺院をめぐるとどんなパワーをもらえる?」、テーマが「京都・嵐山散策を楽しむ旅」と決めた場合の大見出しは「京都・嵐山散策で楽しめるグルメやイベントについて」のように大見出しをつけていきます。


3. 修学旅行新聞の全体像の設計

「京都の神社・寺を巡る旅」であればトップ記事は清水寺、セカンド記事は伏見稲荷大社のようにレイアウトを考えていきます。ちなみに「京都・嵐山散策を楽しむ旅」であればトップ記事では渡月橋、セカンド記事では嵐山グルメのようにレイアウトを考えていくと記事が作りやすくなります。

スポンサーリンク

修学旅行先「東京」の場合

修学旅行が「東京」の場合で紹介していきますね。

1. テーマを決める

東京の電波塔をテーマとした場合のテーマは「東京タワー・スカイツリーを巡る旅」、
東京駅周辺の散策をテーマにした場合は「東京駅から皇居周辺の散策を楽しむ旅」のようにテーマを決めます。


2. 大見出しをつける

テーマを「東京タワー・スカイツリーを巡る旅」と決めた場合の見出しは「東京タワー・スカイツリーで見える景色を比べてみよう」、テーマが「東京駅から皇居周辺の散策を楽しむ旅」と決めた場合の大見出しは「東京駅から皇居周辺へ行くまでの楽しい道のり」のように大見出しをつけていきます。


3. 修学旅行新聞の全体像の設計

「東京タワー・スカイツリーを巡る旅」であればトップ記事は東京タワー、セカンド記事はスカイツリーのようにしレイアウトを考えていきます。「東京駅から皇居周辺の散策を楽しむ旅」であればトップ記事は東京駅からのオフィス街、セカンド記事は皇居周辺を歩く人たちのようにしてレイアウトを考えていくと記事が作りやすくなります。

修学旅行新聞の題名

新聞を読む時のことを思い浮かべてみてください。まず目に入ってくるは新聞の題名です。

たとえば修学旅行新聞(京都)であれば大見出しが「京都の神社・寺院をめぐるとどんなパワーがもらえる」とすると有名な神社・寺院にはパワースポットがあるというがどういうパワーをもらえるのかが気になるのでついつい読んでみたいという気持ちになるはずです。

Mama
内容を知りたくなるような題名は修学旅行新聞を作る際にはとても重要となってきます。

修学旅行新聞のレイアウト・デザインはどうする?

修学旅行新聞を作るときについつい悩んでしまうのはレイアウト・デザインをどうするかというところです。

いつも読んでいる新聞のレイアウト・デザインを参考にして作成していくと写真・記事内容のレイアウトも悩まずに済みます。

Mama
新聞をあまり読まないという場合は、雑誌やチラシなどのレイアウトも参考になると思いますよ

上記の新聞・雑誌・チラシのレイアウトを参考に例えば京都の修学旅行での思い出の写真を数枚用意します。

写真を決めてから写真をみて想像できるような記事を書いてトップ記事、セカンド記事、サード記事などの順に書き写真と記事を張り付けていきます。

修学旅行新聞の書き方や作り方:まとめ

修学旅行新聞の書き方はまずいつも読んでいる新聞を参考に作成していきます。

1. 修学旅行記事を作成する際にテーマを決める
2. テーマにそった大見出しをつける。
3. トップ記事、セカンド記事、サード記事などを作成していく
4. 作成した記事を新聞に収まるようにレイアウトしていく。
5. 余ったスペースに例えば神社・寺院を参拝する際のマナーなどのコラムをのせる。

修学旅行の思い出を新聞作成すると卒業のときなどに読み返してみるとつい最近体験したかのように感じることもできるはずです。楽しく学友たちと修学旅行新聞を作成してみてください

スポンサーリンク