修学旅行の感想文の書き出し・京都の場合や学んだことの上手な書き方と作文例!

修学旅行の感想文の書き出

修学旅行の定番といえば京都ですよね。
楽しい修学旅行のあとには感想文が待っています。

何年も前の話ですが私も苦手でした。
たぶん今でも苦手です。
苦痛ですよね。

作文ですがいったい何を書いたら良いかわからないですよね。

提出期限は決まっているし、文字数も相当あるし、ダラダラ同じことを書いていてはだめだとわかっていてもそうなってしまいます。
嫌だからといって、ズルズルいくとあっという間に提出期限です。

修学旅行の感想文や作文の書き出しや学んだことの上手な書き方について紹介していきますね。

修学旅行の感想文・作文の書きだし例

読み手に印象に残る言葉や語句を使うと先の展開を期待するので良いでしょう。
例えば「私の修学旅行はとても有意義でした。なぜなら・・・・」と続くとその次の言葉がでてきやすいのではないでしょうか?
「私の考え方を180度変えてくれました。それは・・・」
などの書き出しが良いのではないでしょうか?

・修学旅行の感想文、京都・北海道・沖縄の場合は?

修学旅行の場所別の書き方例を紹介していきますね。

・修学旅行の感想文【京都】の書き方

まず、京都の書き方を紹介しようと思います。
京都は神社仏閣が多いですよね。
また、歴史上にもたびたびでてきますよね。
たとえば「学業成就」のお願いなどをしたことを書いたたり、歴史上の史跡にいって感じたことなどをかけば良いと思います。

・修学旅行の感想文【北海道】の書き方

次は北海道の書き方を紹介したいと思います。
北海道はいつ行ったかにもよりますが夏でも寒いです。
半袖だけでは寒いことや北海道独特の民族、アイヌ民族のことを調べて書くのも良いかもしれません。

また、食べ物がおいしいのでそのことを書くのも良いかもしれませんね。

・修学旅行の感想文【沖縄】の書き方

次は沖縄の書き方を紹介しようと思います。
沖縄は日本で唯一、第二次世界大戦があったところです。
そのため、回るところも戦争に関係するところだと思います。
それを踏まえて「しらゆりの塔」をいったときのことや戦争で自分と同じくらいの子が特攻隊として命を落としていったという話を聞いた時の想いなどをかけたら良いと思います。

次は、修学旅行で学んだことの上手な書き方例を紹介していきますね。




修学旅行で学んだことの上手な書き方例

修学旅行はなんらかの目的(戦争のいたみをしったり、歴史について学んだりなど)があって行くと思います。
なので、そのことを頭に置いて書きだすとやりやすいと思います。
たとえば

「「しらゆりの塔」をみて二度と戦争を起こさせないと誓いました」
「アイヌ民族の文化を知って私は素敵な民族だなと思いました」

など文化やその歴史について書いたらどうでしょうか?

まとめ

書き出しはインパクトがある語句を使い、「地名+修学旅行は+私の人生(将来)+~させる体験になりました」

という書き出しでそのあと理由をつければ文章は完成します。
これで作文が苦手じゃなくなると幸いです。

修学旅行のリュック男子・女子大きさは?コールマン・アディダスの人気商品を紹介!
修学旅行の俳句を紹介京都・奈良。春・夏・秋の季語の参考例!
「旅行に行く」は正しい日本語?間違えな表現?