鶴亀算 ・いもづる算・弁償算など中学受験の問題もRISU算数で!




鶴亀算・いもづる算・弁償算は中学受験においてなくてはならない問題ですよね。

Mama
算数において基礎問題はできるし鶴亀算の基本的な解き方は分かっているけれど応用問題になると途端に解けなくなってしまうことはありませんか?

そんな小学生もタブレットを使って繰り返し学んでいくことができる方法について紹介してききますね。

幼児・小学生の生徒は解けないとすぐに飽きてしまうことはよくありますよね。

これから紹介するRISU算数では弱点に着目して苦手を反復学習することで算数が得意になるように導いていく教材です。

その教材を使って悩み多き鶴亀算の解き方について調べていきます。

RISU算数タブレット

今すぐ「RISU算数」を試してみる
クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

中学受験の算数:鶴亀算・いもづる算・弁償算ができない!悩み

中学受験の算数の勉強を始めてすぐにつまずいてしまう小学生 の子供たちの中には、このように悩んでいる方が多いようです。

鶴亀算 ・いもづる算・弁償算など中学受験の問題もRISU算数そもそも鶴亀算って何だろう?鶴亀算の基本的な解き方は分かっていて簡単な問題を解くことができても

応用問題になるとすぐに解けなくなるのは何故だろう?いもづる算も基本的には鶴亀算とおなじように考えるというけれど本当のところはどうなのだろう?

鶴亀算は算数の文章題の代表というけれど本当にそうなの?

お母さんやお父さんからは、何度も説明しているけど理解していないような?気がする。などの悩みもあるようです。

などの悩みの解決方法を紹介していいきます。

中学受験の算数:鶴亀算・いもづる算・弁償算ができない!悩み可決例

Mama
算数において基礎問題はできるし鶴亀算の基本的な解き方は分かっているけれど応用問題になると途端に解けなくなってしまうことはありますよね。

そんな小学生もタブレットを使って繰り返し学んでいくことができるのがRISU算数です。

小学生の生徒は解けないとすぐに飽きてしまうことはよくありますがRISU算数では弱点に着目して苦手を反復学習することで算数が得意になるように導いていく教材です。

その教材を使って悩み多き鶴亀算の解き方について調べていきます。

鶴亀算・いもづる算・弁償算は中学生になると方程式を利用して計算することで簡単に解くことができます。

小学生の算数では方程式を利用できないので、かえって難しい問題のように感じて苦手になってしまうこともあります。

鶴亀算は中学数学の連立方程式の基礎と言われています。

RISU算数では鶴亀算の解き方を学んで苦手に感じていたことを繰り返し解いていくことで算数が好きになっていけるような教材作りをしています。

RISU算数タブレット

今すぐ「RISU算数」を試してみる
クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

中学受験の算数:鶴亀算・いもづる算・弁償算などRISU算数

鶴亀算・いもづる算・弁償算は中学生になると方程式を利用して計算することで簡単に解くことができるけれど小学生の算数では方程式を利用できないので、かえって難しい問題のように感じて苦手になってしまうこともあります。

鶴亀算は中学数学の連立方程式の基礎と言われています。

RISU算数では鶴亀算の解き方を学んで苦手に感じていたことを繰り返し解いていくことで算数が好きになっていけるような教材作りをしています。

算数の「鶴亀算」のいい教え方ありますか?

鶴亀算 ・いもづる算・弁償算など中学受験の問題もRISU算数

RISU算数の公式HPでも「鶴亀算」の教え方の解説があります。分かりやすく解説されていますので、参考にしてみてくださいね。

RISU算数での教え方を画像つきで、紹介していきます。

  1. 表から考える
  1. 式で考える

式で考える方法はまず全部が鶴だと考えて式を導き出すと

(合計の足の数-鶴の足の数(2)× 合計の頭数)÷(カメの足の数(4)-鶴の足の数(2))

となります。

鶴亀算 ・いもづる算・弁償算など中学受験の問題もRISU算数

例題を導き出した式をあてはめていくと(32-2×10)÷(4-2)=12÷2=6となります。この計算からカメの数が6匹だと分かりましたので鶴の数は10-6=4で4羽となります。

このように式に置き換えて考えると計算しやすくなります。


RISU算数では上記のような鶴亀算の計算方法で繰り返し解いていくことで知らず知らずのうちに苦手意識もだんだんと減って鶴亀算が解けるようになるという仕組みです。


通信教材のメリットは、自宅で時間を選ばずにできることですがデメリットとしては先生に質問することができないことがありますよね。

小学校高学年になると親が教えることを素直に聞けないなんて悩みをよく聞きます。

RISU算数では、メール・動画で個別フォローを受けることができます。RISU算数では東京大学をはじめ多くのトップ大学生が算数学習においてどこでつまずいてしまったか?

どんなペースで算数学習をしているのか?などの個別フォローをしてくれます。

個別フォローにより生徒それぞれの理解度を把握してつまずいているところがあればそのポイントを解説してくれます。

動画による丁寧な解説により鶴亀算などの解けなかった問題をそのままにしないで学習を進めることで理解が深まっていき苦手がやがて得意になっていくように導いていきます。

RISU算数タブレット

今すぐ「RISU算数」を試してみる
クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

中学受験の算数:鶴亀算・いもづる算・弁償算ができない悩み:まとめ

中学受験の算数のかなめともいえるのが鶴亀算・いもづる算・弁償算ですよね。鶴亀算は中学で勉強する連立方程式の基礎となっています。そのため鶴亀算に慣れていくことで抵抗なく中学で連立方程式を解くことができるようになると考えられます。

  • RISU算数では東京大学をはじめトップ大学生によるタブレット教材ならではの長所を生かして個人個人の学習において苦手を見直すことでそれぞれのつまずきを解消して算数好きになるように導いていきます。

 

  • 紙に書かれている問題をただ解くだけでは違うタイプの問題だと同じ鶴亀算の考え方であってもつまずいてしまうことがあると思います。そんなとき弱点に特化したフォローアップ動画を観ることで考え方が身についていくのでまさに続けて学習することで得意科目が算数になることが可能になります。

 

  • RISU算数で繰り返し学んでいくことで人の特性である忘却曲線に基づいて忘れそうなタイミングで復習したり間違えた問題を何度もやり直して解くことで算数が得意になり中学受験に対応していけるそんな教材となっているのでぜひ反復学習を続けていってください。
RISU算数タブレット

今すぐ「RISU算数」を試してみる
クーポンコード「km07a」で1週間おためし受講ができます。
▶▶▶RISU公式サイトはこちら

スポンサーリンク