スタディサプリ到達度テストとは?難易度・過去問・偏差値はでるか調べてみた

一学期も終了して子供たちがどれくらい授業内容を理解しているか気になるところです。

スタディサプリにはそんな声に応えるべく到達度テストがあります。

そこでこちらの記事では

Mama
スタディサプリ到達度テストとは?難易度・過去問・偏差値は?

など気になるので調べてみました。参考にしてみてください。

スタディサプリ到達度テストとは?

スタディサプリ到達度テストとは生徒たちが取り組みやすいように出題範囲をあえて基礎的レベルに絞り込んだ内容をとすることで自分がどれくらい理解しているかを把握するためのテストです。

それは生徒それぞれの到達度を測り今後の学習に役立てていくために行われています。

実際に今までは生徒の学力を伸ばしていきたいと考えて補講などを行いつつ悩んでいた先生もスタディサプリ到達度テストを導入してみたところ生徒たちの苦手箇所が洗いだされる結果により学び直せるという利点を得たという実例もあります。

その出題範囲は決して難問というわけではなく今まで学んだ範囲を網羅しているので問題を解くことで生徒一人一人のつまずきに気づいて今後の学習スタイルの見直しにも役立つはずです。

スポンサーリンク

到達度テスト【中学生】

中学生向けのスタディサプリ到達度テストは、数学のみとなっています。

学校で導入しているスタディサプリの大サイクルとなる到達度テスト、中サイクルとなる単元テスト、小サイクルとなる確認テストがあります。

中学生向けとなるのは数学と英語で単元テストと確認テストを行うことで生徒それぞれの苦手を探っていき学習を進めるように促しているのです。

スポンサーリンク

到達度テスト【高校生】

到達度テスト【高校生】は生徒たちの基礎学力の理解度を測り自己分析に役立つテストです。

そのテストで浮き彫りになったつまずきにあった課題の配信を学び直すことで弱点を減らしていけるのです。

そのため、到達度テストで高得点を取る必要は決してありません。

むしろ、つまずきを知ることで先生・生徒ともにそれに合わせた予習・復習をするきっかけとなるので実力アップにつながっていきます。

その到達テストの試験範囲は高校1年生の数学では中学数学全範囲:正の数、比例。2次方程式、関数、相似、三平方の定理などとなっていてこのタイミングで中学の時のつまずきを見直し学習することで今後の学力低下防止にも役立ちます。

到達度テストの個人結果レポートには点数だけでなく「よくできた大問上位3つ」「つまずき防止のためにまずはこれから受講!:学習計画」等も記されているので今後の学習の方向性も考えやすくなっています。

スタディサプリ到達度テストの難易度・過去問・偏差値について

スタディサプリ到達度テストは学期ごとに行われます。そのテストの難易度・過去問・偏差値についてみていきます。

到達度テストの難易度は簡単・難しい?

到達度テストはその学校の学期ごとに行われるのでその難易度はつまずきの無い生徒には比較的簡単だと思える内容となっています。

ただあまり復習をしないでつまずいている場合はかなり難しく思えるようです。

スポンサーリンク

到達度テストの過去問はある?

到達度テストの内容が共通テスト以外は学校によって範囲が変わることもあるので比較的過去問をみつけることは難しくなっています。

ただメルカリではスタディサプリ到達度テストが売られているようなので転売はできませんが自身で解くのであれば購入可能なようです。

メルカリで出品されているスタディサプリ到達度テストは春・秋スタンダードテストでなにかしら書き込みがされているものが多く新品を手にすることは難しいのが現状です。

到達度テストから偏差値はでるの?

到達度テストは全国共通模試などと違って学校ごとに行われるので偏差値は出にくいと考えられます。

というのは、その学校により授業の進行度の違いもあり授業内容を学期ごとに理解しているかを測るためのテストでもあるので中間・期末試験などに近いものだと認識するといいようです。

ただ到達度テストを参考につまずきに気付いて学習を進めていくと偏差値の上昇につながっていくのでその時の点数がよくなくても気にする必要はありません。